お知らせ

2017/04/14 「平成28年度大学教育再生加速プログラム外部評価委員会」を開催しました【3月23日(木)】

    平成29年3月23日(木),「平成28年度大学教育再生加速プログラム外部評価委員会」を開催しました。

    大学教育再生加速プログラム外部評価委員会は、高大接続教育に関する専門的な知識を有する学外の有識者で構成され、本事業の計画や実施状況、取組成果等についての評価を実施するために設置された委員会です。

    本委員会では、活動状況の報告、成果等について説明を行ない、委員からは次のようなコメントがありました。

     ① 高校生の段階で大学レベルの授業を受講し、大学の授業科目の単位を修得させることは、生徒の知的好奇         

   心を高めることになる。

     ② 高大教員との連携による「課題研究」への取組は、入試願書の志望動機や自己アピ-ルとして記載するこ

   とも可能となり、生徒の総合的・多面的な評価としても活用できる。

     ③ eラーニング教材を多くの高校で活用できるよう検討を進めて欲しい。

    など。

評価委員会の様子

 

 愛媛大学では,委員からのご意見等を踏まえて、今後、本事業の取組内容の改善等に活かすとともに、

 平成29年度に文部科学省の中間評価を受けるため、本取組の改善等に活かすこととしました。

 

 

 

 

copyright©Ehime University, All Rights Reserved.