事業の概要

事業の概要

本事業は,愛媛大学附属高校をモデルとして取組んできた大学・高校教育の円滑な接続方法の研究・開発を発展させ,高校段階で“学びへの意欲”を高めることによって大学における“深い学び”を確保し,大学教育の到達点の高度化を目指します。

  1. パイオニア・アドバンスト・プレイスメント(P-AP:Pioneer Advanced Placement )プログラムの創設と二重(デュアル)単位の付与
  2. ルーブリック評価による「課題研究」の高度化と入試への活用
  3. 高大で一貫して汎用的能力を育てるICT教材の開発

を実施し,高大接続事業による問題発見・解決力育成の成果を深化発展させ,「幅広い教養と深い理解」,「学び続ける意欲」,「知の運用能力」を育成します。

また,教学IR(IR:Institutional Research)によって大学入学後も接続教育の効果測定を行い,高校及び大学教育の質的向上を図るとともに,本事業で得た知見や評価方法を,能力・意欲・適性等を多面的・総合的に評価・判定する新入試制度の導入においても活用します。

本事業の実施に当たり,「高大接続推進室」を設置し,関係機関等と連携を図りながら事業を実施します。また,学内に「自己点検・評価委員会」を設置するほか,学外の有識者等による評価を受ける体制を整備し,事業を推進します。

さらに,本学附属高校をモデルとした取り組んだ成果を他校への拡がりを目指しています。

素材_r1_c1

copyright©Ehime University, All Rights Reserved.